ノンケ喰い

自分の場合はノンケ喰いのターゲットになってから、こっちの世界に入るようになりましたね。
もちろん、気に入ってもらえたこと、ゲイとは言え他人から興味を持ってもらえたことに関しては、嬉しいという気持ちはあったんです。
今まで自分にそういう意味でも別の意味でも・・・興味持ってもらえたことなんてなかったですから。
常に、周囲に埋没しているのが自分で、これと言った特技があるわけでもなく、普通、何をしても普通。目立つところなんて何もない自分でしたから。
そんな自分に注目してくれて、興味を持ってくれるだけで、舞い上がってしまう訳ですよ。
こんな風だから、ノンケ喰いの人からターゲットにされる以前に、そっちの毛はあったんじゃないでしょうか?
売り専掲示板で見つけたノンケにギフト券を2万円分先渡しする
ただ、あのノンケ喰いの人は、自分の中のその「毛」を感じとって、こっちの世界に気付かせてくれた、それだけなんじゃないでしょうか。
あの時、あのノンケ喰いの人と知り合わなかったら・・・自分に興味を持ってもらえなかったら・・・
今の自分って確実にないですよ。
そして、こっちの世界に入りこんじゃったこと、少し喜んでる自分がいるんです。
今まで何の特技も特性もなかった自分に「ゲイ」という特性ができたんです!
人と違っている自分にしかない、自分を特定する特別なものができた・・・
それだけで、なんか自信が持てるようになってきたというのか、なんなんでしょうね。
自分に誇りが持てるようになってきたんです。
自分がないと悩んでいたけど、自分でこうして後天的に身につけられる特性というものがあったんです。
お金支援掲示板
愛人募集掲示板